永久脱毛における全身脱毛のメリット・デメリット

 

永久脱毛は部位別に施術を行うこともできますが、全身の部位を脱毛する全身脱毛が主流になっています。

 

全身脱毛をすることには多くのメリットがありますが、同時にデメリットもあるため双方を考慮して施術を決めることが大切です。

 

メリットとしてまず挙げられるのは、無駄毛の処理から解放されることです。

 

全身の永久脱毛を行えばそれ以降は無駄毛が生えてくることがほとんど無くなり、
毎日の日課とも言える無駄毛の処理を行う必要がなくなります。

 

腕や足、さらにはVIOゾーンなどは放っておくと男性のように無駄毛が生えてしまう人もいますが、永久脱毛してしまえば無駄毛を気にすること自体がなくなるのです。

 

 

また、無駄毛の処理から解放されるということは肌トラブルが起きることも減ります。

 

カミソリなどで無駄毛の処理をすると肌にもダメージを与えてしまいますが、
永久脱毛はレーザーを使ってピンポイントで脱毛処理をするため肌にダメージがありません。

 

デメリットとしては、施術を受けるために多額の費用がかかることが挙げられます。

 

全身脱毛をする場合はクリニックによって多少の差はあるものの30万円から50万円程度の費用を負担しなければならず、
誰にとっても容易に出せる金額ではないのです。

 

また、施術に要する時間もかかります。全身脱毛は一回の施術に2時間程度の時間がかかるほか、
間隔を開けて6回から8回程度の施術を受ける必要があるため1年以上の期間がかかるのです。